乾燥肌になるメカニズムは?保湿をすればいいだけじゃない!
*

乾燥肌のわたしが大切にしている保湿メインのスキンケア

洗顔は基本的に入浴の際、浴室で行なっています。

洗顔を泡立てる時には、awa hourを使用し、きめ細かな泡で顔を洗うように心掛けています。

少し前まで手で泡立てた泡で洗っていたのですが、様々な雑誌やテレビで泡が大切だと聞いていたので、泡にこだわってみようと思いました。

洗顔はロゼット洗顔パスタを使用しています。

かなりお手頃な値段でお気に入りです。

確かにしっかり作った泡で洗顔をすると、顔のふきでものも減ったように感じています。

もっちりとした泡がとても心地よいです。

入浴後ににがり水でパックし、ココナッツオイルを上から塗っています。

にがり水は手作りで、精製水に市販のにがり原液を数滴入れたものを使っています。

肌のキメが整いオススメです。

ココナッツオイルはグアムに行った時の土産物で、最近使用しているのですがかなり保湿力が高く、乾燥肌の私にはかなり合っているように思います。

少し温めたココナッツオイルを使うと肌になじみ染み込んでいるような気がして気持ちがいいです。

週に一度、ココナッツオイルではなくKiehl’sの夜用美容液をつけています。

保湿だけでなく、夜の間に肌を整えてくれるそうで、夜用美容液をつけた次の日の化粧ノリはとても良いです。

旅行に行った時にはLululunのパックを20分。

次の日ももっちり肌です。

肌の乾燥が気になるようになったので

昔はスキンケアなんて化粧水塗っておくだけでもハリツヤがあったけれど、今はスキンケアが欠かせなくなりました。

とにかくお肌の水分が少なくなり乾燥さ、肌のキメが荒くなりました。

ハリもなくなりつつあるので、これではだめだと思いスキンケアに力を入れるようになりました。

入浴していて湯船に浸かっている時に、温めたタオルを顔の上(顔全体に覆うが息苦しくなればその都度外して呼吸)置いて、顔面を保湿して毛穴を開かせます。

そして、メイク落としをして洗顔をするのです。

そうすることで効率良く汚れを落とす事が出来ます。

入浴後は、化粧水・美容液です。

蒸しタオルをしたことにより毛穴が充分に開いているので、とてもよく吸収し浸透していると言うことが実感出来ます。

化粧水の時にはコットンで細かくパッティングします。

細かくパッティングすることで、お肌のリフトアップ繋ります。

次に美容液です。

これはゆっくりと時間をかけてマッサージするように塗りこんでいくのです。

ゆっくりマッサージすると気持ちもリラックスできて一石二鳥です。

最後に液体パックをして終了になります。

疲れがひどく、一連の事がしんどい時には美容液成分が入った顔面パックをして対応しています。